1/700プラモ  瑞鶴1944

2013年1月 6日 (日)

瑞鶴 製作9 竣工

Zuikaku1944a

タミヤ瑞鶴。1944、エンガノ岬沖海戦迷彩仕様完成です。

Zuikaku1944b

マストは真鍮線とプラ棒で作り直し、武装類は先に作った瑞鳳、千歳とあわせピットロード品に統一。13号電探のみナノレッド品を使ってみました。

Zuikaku1944c

艦橋のみフジミ翔鶴のを移植。パーツの補充請求したので次は翔鶴1941を作る予定。

Zuikaku1944d

飛行甲板の迷彩パターンは、雲龍型3隻、隼鷹と中型以上の空母は基本パターンは結局同じ様な気がしますね。

Zuikaku1944e

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

瑞鶴 製作8

Zuikaku8

タミヤ瑞鶴レイテ仕様の製作、再開しました。モデルアート系の雑誌では艦橋が小さいと拡大加工が定番だったので、フジミの1/700翔鶴の物を流用しようと、発売を待ってたのです。翔鶴はフジミ製でいく予定なので並べたときの違和感を少し減るだろうと。もちろん艦橋Rパーツはあとで部品請求します。で、艦橋のサイズですがタミヤとさほど変わらなかったりします。高さが若干高い程度。ディティールは細かすぎと感じるほど。ラッタルは一部カット。窓部はエッチング前提なのか彫りが浅いのでエッチング上貼りしてます。22号電探基部はタミヤのを加工して使用してます。

| | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

瑞鶴 建造7

Zuikaku7

タミヤ瑞鶴飛行甲板の製作です。探照燈の蓋は角型のエッチング化、周囲と後部は木目を削り鉄鋼板部を広げてます。マスキングはプリンター出力した紙に巾広マスキングテープをはって線を写し取ってから切り出しました。

Zuikaku6

対空迷彩が終わったところ。白線は後で。黒はタイヤブラック、暗緑色はピットの外舷1号色PC-17A を塗装。明るくみえる所はいろんな作例でも、タン系、茶色系、緑系と解釈色々ですね。米軍リポートのgreenish brown表記(茶緑?)を単純解釈してクレオス外舷21号色SC04にサンディブランを調合したカーキ色みたいな色で仕上げました。

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

瑞鶴 建造6

Zuikakucmf

タミヤ瑞鶴の対潜迷彩塗装しました。雲龍型は煙突部も外舷2号色ですが、瑞鳳の写真が明るく(21号色とする)見えるので、段差をつけて塗りわけとした。また飛行甲板の迷彩のマスキングのため部品をスキャナして米軍レポートの雲龍型のパターンを書き込んだもの準備中です。

| | コメント (0)

2010年11月24日 (水)

瑞鶴 建造5

Img_9171

タミヤ1/700瑞鶴は飛行甲板の修正に入りました。兵員待機ポケットは削りとり、船体側にピットのパーツⅧを接着しました。甲板は予備艦橋上のつけたしと半円状になってる高射砲上切り欠きを三角状に修正。着艦制動索などに誤りが多いらしいですが、迷彩塗装で目立たないので(めんどうなので)最小限の修正にするつもりです。

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

瑞鶴 建造4

Zuikaku1

右舷前部の噴進砲座をプラ板で台形に作り直しました。

Zuikaku2

左舷後の噴進砲座は、実写真の海面の影の具合からして、やはり大きくはね出してると解釈。キット部品を一回り拡大し、台形加工し船体側に接着してます。

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

瑞鶴 建造3

Img_8906

艦首の工作です。船外通路の追加、甲板支柱の4本化。射撃装置のシールド削り取り、最終増設機銃台の形状をネイビーヤード誌の記事を参考に八角形に変更しました。

Img_8904

艦尾の工作です。射撃装置のシールドの削除、甲板の周囲に穴あきエッチングプレートをつけました。残る船体工作は噴進砲台なんですが、フジミ1/350は左舷後部のものは発動機調整所の張り出しに直接噴進砲設置してある様で、さてどうしたものか。

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

瑞鶴 建造2

Img_8727

タミヤ1/700瑞鶴。省略が多いので、雑誌やネット作例を参考に自分の技量範囲の追加工作やってます。左舷、予備艦橋追加、スポンソン支柱はすべてプラ棒で作り直し、通路の追加、補強ステーの追加など。

Img_8736

左舷に移設された94式高射装置用張り出しの追加、および右舷の同装置の根元高さ上げ、機銃射撃装置はシールド部を削ってドリル刃で座ぐってすまします。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

瑞鶴 建造 1

Img_8021

1/700瑞鶴(タミヤ)を建造中です。

フジミから新キット発売は時間の問題だと思うので、急いで在庫消化します。先ず艦体の反りに驚く。しかも中央が浮く逆反り!。板に固定し艦底板をおもりとともに強制接着しても効果なし。キットの個体差かとも考え実はもう1ケ追加購入してみましたが同じで、タミヤクオリティはどうした状態です。結局、艦底板の艦首、艦尾はサンドペーパーで削り、中央部はプラ板貼り増しして何とか修正しました。丸1隻分の余剰パーツは後でなるべ使ってやる事にします。

| | コメント (0)